100% 自然エネルギー

世界中の自然資源を燃焼し使い果たしてきたことで、従来のエネルギーシステムは気候変動、大気汚染、水質汚濁、海洋破壊、大量絶滅の危機、食糧不足、核と放射能の問題、核兵器の拡散、化石燃料の枯渇、地政学的な緊張関係などを含む、多角的でかつ同時発生的な重大局面に陥っています。しかしながら、世界の気候やエネルギー安全保障の問題は、エネルギー自体ではなく、使用している燃料によって引き起こされているのです。幸いにも、自然エネルギーは、その他のエネルギーに比べて、クリーンで、豊富に存在しており、自由度も高く、水資源の使用もきわめて少なくて済みます(一部のバイオマスを除く)。この基本的な考え方があるにも関わらず、これまで人類はこの問題に対してしっかりと対策をとってきませんでした。こうした惰性を突破する上で不可欠となるのが、100%自然エネルギーをめざす強力なキャンペーンなのです。